バイナリーオプションで稼ぐにはどうすべき?

バイナリーオプションは単純だからこそ、楽しみ方が幅広い

バイナリーオプションと言えば、すぐにハイアンドローにたとえられることぐらいは、始める前から知っていました。不労収入などと表現するとあまりに不届きですが、会社の給与への期待感も薄く、といってなにか商売を始めるというリスクは負えない気がしていました。商売は始めると一生を通じてそれを行うような心意気が必要なものだとすれば、そういったものに未だ出会っていません。「儲かるから何か始めたい」というような生半可なことでは成功しないでしょう。それは自分でよく理解しているつもりでしたから、闇雲に「商売を始めて社長になりたい願望」は持たないようにしていました。しかしなにかしらの収入は欲しかったのです。株で儲けている友人もいますが、株は話を聞けばかなり難しそうでした。前もって勉強することが必要でしょう。それは苦手です。苦手なくせに儲けたいのは虫が良すぎですが、そういった自分にぴったりだったのが、バイナリーオプションでした。バイナリーオプションは為替レートが、現時点から上がるのか下がるのか、そのどちらかを予想して任意の金額を投入するだけです。その結果は最短5分で出ます。そういえば宝くじも当選番号の抽選までの時間が面倒で嫌いで、スクラッチ派です。そういった面でも自分にはマッチしています。単純計算だと、勝算の確率は5割。もちろん控除額がありますので、勝った時は8割もしくは7割程度の上乗せで自分にかえってきます。負ければ投入金額の100%が消えるのですから、5割の勝率では「勝ち」にはなりませんが、小金額で勝負回数を増やせば、大負けはよほどのことがないと考えられます。そんな気持ちで始めたバイナリーオプションでしたが、いざ始めてみると「単純でありながら、勝つためには単純でない思考」が必要だということも解ってきました。だらだらと同じ金額を投ずるのでなく、勝負どころを見極めることが必要なのです。それが理解できるようになると、更に楽しいものになりました。ローリスクローリターンだと、自分では受け止めています。

 

 

だんだんバイナリーオプションで勝てるようになってきた

 

私がバイナリーオプション 国内での取引を始めたのは今から1年ほど前の事です。私の周囲にはFXをしている人はいましたが、バイナリーオプションをやっている人はいませんでした。そんな中、私がどうしてFXではなくバイナリーオプションにしたのかというと、その理由は「リスク管理がしやすい」という印象があったからです。

 

バイナリーオプションは購入金額に対して、売却するタイミングで価格が高くなっていれば利益となります。取引時間内で売却価格が購入価格を上回った段階で売却して利益にしてしまっても良いですし、満期時間に予想が的中していれば一定のペイアウト率で配当を受けることが出来ます。バイナリーオプションで稼ぐための手法としては後者、あらかじめ満期時の相場を予想して当てるという方法が一般的で、国内基準の場合は最大で20倍近くの払い戻しを受けることが出来ます。例として、50円で購入して予想的中の場合には1000円の払い戻しになるといった感じです。倍率としては非常に高いこともそうですが、50円のポジションは仮に外れても50円の負債にしかならず、少しでも価値が残っている段階で売却すれば更に損失を減らすことが出来るという仕組みに対して、「損しづらい」という印象を受けたのがきっかけでした。

 

しかし、そんな期待とは裏腹に最初は思うように収益を上げることが出来ませんでした。極端に言ってしまえば予想が当たる確率は1/2であるのに、何回も連続して予想を外してしまうということが多々ありました。今思えば当然なのですが、その時は全く知識もないまま「勘」だけで取引していたので予想が逆になりやすくなっていました。今は多少の知識と経験が身について来たということもあり、短日では損失の方が大きくなってしまうこともありますが、中~長期的には安定して収益を上げることが出来るようになってきました。金額的にはそれほど大きなものではないにせよ、今後も楽しみながら稼いでいきたいです。

 

 

バイナリーオプションでリスクの少ない取引をしている

 

FX取引を長年行っており、主にレバレッジを効かせて取引をしていました。
これまでに大きな損失を被った経験は全くありませんでしたが、友人が大きな損失を被ってしまい、投資資金をすべて失ってしまったのを目の当たりにしたので、レバレッジを効かせた取引に対して危険性を感じるようになりました。
できればこれまで培った投資に対しての経験や勘を活かして投資をすることが出来ないかと考えていたときに、証券会社のホームページでバイナリーオプションの存在を知りました。
バイナリーオプションは為替相場の上下動を予測する投資であり、短時間ですぐに結果がわかることが特徴でした。
投資に対しての損失も、最初に投資した金額に限定されることになるので、これまで行ってきたFXのレバレッジ取引に比べてリスクも少ないので、魅力的だと感じました。
さらにバイナリーオプションについて、様々な証券会社のホームページにアクセスして調べてみると、提供している会社ごとにルールが様々であり、色々な条件の取引ができるということがわかりました。
早速、自分にあっているバイナリーオプションを提供している会社を見つけるために、色々な証券会社で口座開設を行いました。
ほとんどの証券会社では、無料で取引口座を開設することができたので、気兼ねなく多くの口座を作って、取引を試すことができました。
その中で特に気に入った証券会社のバイナリーオプションに絞って取引を継続的に行いましたが、投資に対するリターンは以前ほど多くはありませんでしたが、ゲーム感覚で楽しむことができているので、最近はすっかりと取引にはまってしまいました。
スマートフォンのアプリを使ってバイナリーオプション取引を行うこともできるので、営業先の相手との約束の時間までの空き時間を活用して取引を行っている毎日です。
投資に対してのリスクが少ないという点もとても魅力的であり、これからも主にバイナリーオプションで稼いでいくつもりです。

 

テクニカルの中に線形トレンドというのがあり、中心線を基準にして上下2本ずつ合わせて5本線を表示させることができる波形があります。

 

ローソク足が長くなれば線形トレンドの幅も広くなり、短いローソク足が集中してる時間帯は線形トレンドの幅も狭くなります。5本とも同じ方向を向くので今が上昇している最中なのか、下落していってるのか判断することができます。

 

線形トレンドは5分足で見ると参考になりますが、スキャをしているときは1分足で線形トレンドを見るとわかりやすいです。

 

1分足のときは流れが早いので線形トレンドが右上を向いていたのが、ローソク足が大きく垂れたときはすぐに右下を向いてしまうので、急な動きには1分足で見るには多少むずかしい部分もありますが、レンジ相場で行ったりきたりしているときは、線形トレンドで一番下のラインに来たらロング、一番上に来たらショートする方法もあります。

 

線形トレンドの5本線が横向きになっているときはほとんど動きがない、または反転する前に起きやすくなります。線形トレンドだけだと情報不足な部分もあるので、FXの他のテクニカル一目均衡表や移動平均線を重ね合わせてみると動きがわかりやすくなります。

 

一目均衡表なら雲の部分にローソク足がかかっているのか、雲が上下どちらにあるのかで、向かっている方向が予測できます。ローソク足が雲に向かって上に伸びていて線形トレンドも右上に向いてれば上昇傾向にあることがわかります。

 

スキャですぐにポジションを手放すなら1分足で、線形トレンドと一目均衡表を見ながらでも流れはわかります。線形トレンドはバイナリーオプションで締切時刻間際のときに参考になることもあります。チャートを1分足にして線形トレンドで5分後や10分後あたりを予測することも可能です。

 

経済指標が発表される時間帯はFXは荒れやすいので投資は見送るか、発表された結果が変わらないのであれば分足を5分足から15分足ぐらいにして見ながら、数時間前からの傾きを線形トレンドで確認すると参考になります。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:16:13

OANDAはカナダに拠点を置くFX会社で日本にもOANDA JAPANがあります。口座を作るとFXtraderのツールが使えたり、1通貨単位で取引きできたり、73通貨ペアの中から選べたりと他のFX会社に比べて珍しい機能があります。

 

OANDAのサイトには各通貨の未執行注文と未決済ポジションが見れるようになっており、口座を持っていない人でも自由にグラフを閲覧することができます。

 

未決済ポジションを知ると、他の投資家がどれくらいのポジションを持っているのかわかり、どの為替レートに指値注文や逆指値注文が入っているのかグラフで見れます。FXをしている投資家の多くはOANDAの口座を持っていなくても、未執行注文や未決済ポジションを常に参考にしながらグラフを眺めています。

 

相場の状況が上昇トレンドに入っているのか、下降トレンドになっていくのか未決済ポジションのグラフで大体わかります。どれくらいの投資家が含み益や含み損を持っているのかわかるのでとても参考になります。

 

これらのグラフのことをオーダーブックと呼ばれていますが、FX会社の中ではOANDAが一番わかりやすいと思います。初めてオーダーブックを使うならドル円を選択してグラフを見ていくようにするといいです。

 

未決済の注文はキリの良い数値の所に集中しているのがわかりますが、末尾00円の位置より少しずれた所にまとまった注文が入るのを見ることもあります。競馬のオッズでいえば異常オッズのような部分があり、オーダーブックで発見することもあります。

 

為替が急な変動を起こしたときにストップ狩りされることがありますが、そのときの動きもオーダーブックを更新させていきながら見ていくと動きがわかります。

 

テクニカルのような使い方はできないですが、投資家の心理状態は掴めてくるので、ロングかショートで迷ったら参考にしてみると良いと思います。投資家がどの辺のポジションを持っているのかがわかれば、反転するレートも予測できるようになるので、チャート画面と合わせながらオーダーブックも見ていくと売買しやすくなります。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:16:13

FXで売買をしている方は、たまに乗り換えを検討しています。今まで用いていた金融会社のシステムに関する不満があるので、別の会社に乗り換えている方はとても多いですね。
実際に数日前も、私も乗り換えを検討しました。そして、ある会社のデモ口座をインストールしたのですね。簡単な登録手続きを行って口座を作ってみたのですが、私はちょっと面食らってしまいました。なぜなら余りにもシステムが異なっているからです。
私が過去に使っていた金融会社の口座を、Aとしましょう。そして私が乗り換えを検討している会社の口座を、仮にBとします。私の場合は、Aでかなり長い間売買を行っています。ですので、Aの取引画面のレイアウトに目が慣れてしまったのですね。
それで数日前にBで口座を作ってみた訳ですが、正直Aとは作りが全く異なっていました。例えば、売買履歴の場所が分からなかったのです。
今まで私が用いていたA社の場合は、履歴は即座に確認する事ができました。あの会社の場合は、確認するのに迷うことはまず無いと思います。
ところがB社の口座の場合は、大いに迷ってしまったのですね。色々な箇所を手当たり次第にクリックしてみた結果、ようやく履歴を表示させる方法を理解する事ができました。そして、その表示方法が非常に複雑なのですね。何回もクリックして設定をしなければなりませんので、B社の方がA社よりも少々使いづらい一面がありました。
このように1つの会社のシステムに慣れていると、B社のようなところで戸惑ってしまう事は本当に多いです。それにしても、私はいきなり本番の口座を作らなくて良かったと思います。もしも本番の口座を作ってしまっていたら、私は実戦での売買で大きな損失が発生してしまっていたかもしれません。クリックミスによって損失が発生してしまう事は、FXでは頻繁に起こりえるものなのです。
ですのでこの商品で乗り換えをするような時は、やはりデモの口座は積極活用する方が良いですね。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:16:13